2005-02-26 Sat

脳内トラックバック

BK子さんの書いたものにはpingを打てない。

なぜならそこは、いま流行りの・猫も杓子もやってる・泣く子も黙る・たまに炎上したりする、そんな「ブログ」という形式ではないからだ。
なので泣く泣くここに脳内トラバする。

マニアックでもマニアじゃない人って、けっこういると思うんだなあ。
私自身、BK子さんよりもっと浅いところで、妙な「つかみどり大会」をしています。
私の場合、自分の分野が、ワカラナイ。BK子さんは、「モーターヘッドとアリス」という例を挙げていたけれど、私にも、「SlipKnoTとラフマニノフ」という時期があった。まあ、でも、私にとっちゃラフマニノフだってクラッシックにしちゃあヘヴィだったりラウドだったりするほうだと思ってるんだけど、そんな事大勢の前で言ったら超しばかれる。なので黙っている。

また、さまざまな興味の対象に対し、ちょっと掘り下げようとしているうちに飽きがくる。
飽きるというか、別の対象が気になり始めるから離れてしまうんだけど、それって一般的には飽きるっていうんだろう。

私の場合、例えば、作家○○より、その作品のひとつである■■自体に傾倒することが多いように思う。掘り下げる人たちは、「○○は18xx年に△△から影響を受けてね、■■においても、うんぬんかんぬん。」ってやるのが好きなんじゃないかしら?それはそれで見方が変わったりして面白いのかもしれない。でも私は■■さえあれば満足。と、こういうわけなんです。
とか言い訳してみる。言い訳のつもりがなくても言い訳くさくなるから多分言い訳なのだろう。

ちなみに今は美輪明宏にベクトルが向いているんだけれど、書籍を入手する前に満足してしまうかもわからない。今までの経験からすると90%の確率でそうなる。
しっかし、70近いというのにあの肌艶は一体。
何を食えばいいんでしょう?私、彼の半分も生きてないのにもう枯れ木のようなんですが。

あ。
こういう意味のないトラバはいらないからブログなんざやらねーよペッ、っていうことのような気もしてくるのであった。それはブログに対するアイロニーなんていうしょぼいもんじゃなくて、ネット社会へのアイロニーなんていう中途半端なものでもなくて、時代へのアイロニー!!

なるほど。と、私は今、完全なる一人相撲で超納得し、超すっきりした。

そうだそうだ、「ブログ」なんてくそくらえだ。
私は今後も、さまざまなブログ未体験者に対する参入障壁を低くするべく、非マニア的、超飽きっぽいブログを継続していくことをここに誓います。
posted by cafeof at 14:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 考察

2004-07-28 Wed

次世代光ディスク(2)

しかしHD DVD陣営は、既存の生産設備を生かせるということで、景気がよろしいとはまだ言えない今日ではかなりの強みを持っているとも考えられるね…
とはいえ、全く新しい設備を持つことになれば、設備関連の製造業が潤うジャン!なんて考えるのは安直であろうか。わたしだったら今そこに踏み切る勇気はないけども、経営者は頭やスケールが違ってたりするからなあ。

DVD規格統一に至る競争において、ソニー・フィリップス陣営は、松下が開発した「2枚貼り合わせ構造」によって、東芝・松下・パイオニア・日立・トムソン・タイムワーナー・MCAによる陣営に負けたかたちとなったと記憶しているが、今回の新しい光ディスク開発においてはソニーと松下が組んでいるという点が、私には興味深い。

で、コレ書いてるあんた自身はどっちが欲しいと思うの?と質問されたとしたなら、「実は今んとこDVDで間に合ってるカモ…」という、開発者が怒りだしそうな返答しか出来ない。
あー、時代に取り残されちゃった!

次世代光ディスク規格:規格争い激化、東芝は05年にプレーヤーとレコーダー投入へ
posted by cafeof at 21:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 考察

次世代光ディスク(1)

標準化における勝者はどちらの陣営になるだろう!

標準化戦略は学生の頃もっとも興味のあるテーマだった。(技術面において優位と思われるものでも標準化に至らないケースがまま見受けられ、当時まだピュア☆だった私には、至極無念に感じられたものだった。)
今回も、勝つのは大容量のほうなのか?それとも……?
んで今回も、やっぱりソニー(陣営)は薄さにこだわるなと改めて感じました。譲れないポイントなのですね。それは間違っていないと私も思います。しかも今回は薄い上に大容量ときたもんだ。

(2)に続きます
posted by cafeof at 19:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 考察

2004-07-17 Sat

某「事件」について

なぜあんなに取り乱す人々がいるのか、正直なところ、よくわからない。
blogに心血注いでいない私には、わかる日はこないだろうか。
続きを読む
posted by cafeof at 23:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | 考察

2004-05-17 Mon

「正気かよ」の続き

正気かよ へのコメントに対しまして。

未払いに気づいて役所に届け出た日から「遡って2年以内」までの分は、後から穴埋め(支払い)出来るようだよ!
http://okesan.cocolog-nifty.com/nenkinhokenjoho/
詳しくは上記ページをごらんになると良いかもしれない。

しっかし、こういう手続きってわかりづらいよなあ。
この、わかり難さに困憊せず立ち向かい、正しい手続きが出来たならば、
将来権力者になっても足引っ張られずにすむよ!
がんばれK(K)さん!

ちなみに学生時代の私は、当時の信念*に基づき支払い拒否の姿勢でありました。
でも卒業直前のある日、おじいさんがチャリに乗ってうちを訪ねてきたんです(督促)。
おじいさんに負けて、全額払いました。親が
* 学生は本人に支払能力ないことがほとんどではないのか?結局親が払うことになり、なんやら変じゃないか?
(と、こういうことを書くと、「僕は私は自分の稼ぎでちゃんと払っていた!」と胸を張る人が出てきそうだけどさ・・・orz)


自分自身こういう経緯があるため、今回の小泉さんの未納についての判定は「セーフ!!」です。
記者が、「国民は納得されるとお思いですか?」と問い詰めていたけれど、とりあえず私は納得です。というか全然問題にならんだろ、ぐらいに思っているのが正直なところです。

で、社会人になったあとの私はというと、転職退職めまぐるしかったゆえ、国民年金&厚生年金の支払い期間について記憶があやふやなのよね・・・厚生年金基金のお知らせハガキなんかどこにやったかわからないわ!
年取っても何ももらえないかも・・・

これは、60になるまえに、巨万の富を築かねばなるまいか。
ああ、無理。
posted by cafeof at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。